猫が吐いてても大丈夫な場合と注意した方がいい場合の見分け方は?

もともと猫は吐きやすい生き物です。
猫を初めて飼ったときなどは、こんなに吐いてて大丈夫なの?と心配になったりします。
今回は、猫が吐いてしまう原因と注意しなければいけないことをご紹介します。

猫が吐いてしまう原因

飼っている猫がいきなり吐いたらびっくりしますよね、猫を初めて飼った飼い主さんは特に心配してしまうかもしれません。病気以外で吐いてしまう場合をいくつかご紹介します。

キャットフードが合わない

猫専用のキャットフードであっても、メーカーや商品によって添加物や素材は様々です。そのため猫によってはキャットフードに含まれる素材、添加物が合わせない場合もありそれが原因で吐いている場合があります。
また、今まで大丈夫だったキャットフードが加齢とともに合わなくなってしまう場合もあります。
キャットフードを選ぶ際は、猫の年齢に合わせて選ぶことも重要です。

キャットフードの形状が原因で吐く

猫はキャットフードを食べる際、あまり噛まずに飲み込みます。
飲み込む際に、キャットフードの粒が大きめのものだと喉に引っかかり嘔吐の原因になります。
大きすぎず、猫の食べやすいサイズのキャットフードを選んであげてください。

空腹が原因の場合も

猫は、お腹が空いていても吐いてしまいます。
これは、お腹に胃酸が溜まってしまうのが原因です。定期的に餌を与えることで吐く回数を減らすことができる可能性があります。

お腹に毛玉が溜まって吐く

猫が毛づくろいした毛がお腹にたまり胃液と一緒に吐き出されます。
毛玉を吐かずにいると腸炎や腸閉塞の原因になってしまいます。また、毛玉を吐く回数が多い場合は、猫が脱水症状になる可能性があります。
あまり、お腹に毛が溜まらないように飼い主が小まめにブラッシングをしてあげることが重要です。

虫や雑草を食べたことが原因で吐く

猫はエサ以外にも雑草や虫を食べていたりします。その食べたものが原因で吐いている場合あります。
外猫が吐く場合はこの悪食が原因の場合も多いです。

吐いたものの色から分かる症状

吐いたものの色から今回の嘔吐が大丈夫なのか危険なのかをある程度判断できます。

透明な液体、白い泡を吐く場合

猫が吐く透明な液体、白い泡は胃液です。朝起きて朝食前に吐くことが多く、空腹が原因の場合が多いです。
吐いたあとに元気で食欲もある場合は心配しなくて大丈夫です。
食事の回数を増やすことで空腹時間を減らし胃液を吐く予防になります。

もし、吐いた後にいつもより元気がなかったり食欲がない場合、繰り返し吐くようでしたら病院へ行ってください。
腎臓病や胃腸の病気の可能性があります。

黄色の液体を吐く場合

猫が吐く黄色い液体は胆汁です。こちらも胃液と同じように空腹が原因で吐いてしまう場合が多いです。
食事回数を増やすことで予防することができます。

胆汁を数日間連続で吐く場合、胆汁嘔吐症候群、胃炎、食道炎の可能性もあるので病院へ連れて行ってください。
その他にも内臓の病気によって胆汁を吐いている場合もありますので注意が必要です。

赤っぽい液体を吐く場合

赤系統(ピンク)の液体を吐く場合は、口の中の出血や、胃炎、胃腸炎、トキソカラ症(猫回虫)の可能性があります。猫回虫は腸閉塞を併発させ、飼い主である人間にも感染する恐れがあります。

鮮血を吐く場合は、食道や口からの出血に加え消化器系の病気の可能性があります。

病院へ連れて行き獣医師の診断を受けてください。

茶色の液体を吐く場合

猫が茶色い液体を吐いた場合、胃や腸からの出血の可能性があります。
キャットフードや毛玉を吐いた場合にも茶色っぽく見えますがその場合は液体だけでなく固形物や消化物が混ざっています。
重篤な病気の可能性もありますので病院へ連れて行ってください。

まとめ

猫が吐くことは比較的頻繁にあり心配しなくてもいい場合が多いですが、だからといって危険がないわけではないので注意深く見ていくことが重要です。
吐く以外にも、下痢や痙攣、熱があるなどの症状がある場合は急いで病院へ連れて行ってあげてください。

少しでも様子がおかしいな?と思ったら病院へつれていくことで病気の早期発見にも繋がります。
猫は自分でしゃべることができないので飼い主が注意深く見てあげてください。

関連記事
犬の口が臭い!病気の心配はあるの?口臭の原因と対策方法
犬の口臭には様々な原因があった!放置しておくと命の危険も?飼い犬の口臭が気になる飼い主さん必見!
猫にアイスはダメ?与える場合は注意が必要
冷たくて甘くておいしいアイス。猫に食べさせても大丈夫?猫にダメなアイスと注意することとは?
猫に秋の味覚の栗と柿は大丈夫?注意することは?
栗や柿を猫は食べることができます。ですが食べさせる時に必ず注意してもらいたいことがありますので詳しくご紹介していきますね。
心配しなくても大丈夫!猫は意外と簡単にトイレを覚える?
トイレ以外の場所でうんちやおしっこをして家のなかを汚されないため、猫にトイレを覚えてもらうのに重要なこととは?
猫がなつかない飼い主さん必見!猫がなつく8つの方法
猫を飼い始めたけど全然なついてくれない...。それは猫との接し方に問題があるかもしれません。
猫を迎えるのに良い時期は春と秋!人気飼い猫ランキング5
猫を飼う前に人気の猫種類を知っておきたいあなたに人気の猫を5種類紹介いたします。どれも可愛い猫ちゃんで人気に納得です。
トイレや爪とぎ、猫に覚えてほしいしつけ5選
猫のしつけって難しい?トイレや爪とぎで家を汚されたら困るけどどうやってしつけたらいいの?
これをしてきたら猫がデレてるサイン!猫が行う7パターンの愛情表現
そっけない、気まぐれというイメージの猫が好きな相手にたいして行うとっても可愛い愛情表現とは?
猫の寿命は平均何歳?長生きする秘訣5選
猫の気になる平均寿命はどれくらいなのでしょうか。また猫を長生きさせたいと思ったときに、飼い主さんができることを紹介していきます。
シャンプーしても臭い!犬の体臭の原因と対処法は?
シャンプーをしているのに何故か臭い我が家の犬…他所の犬はここまで臭くないのに…犬のニオイにお悩みの飼い主さん必見!