猫にアイスはダメ?与える場合は注意が必要

 

人間にとっては外のない食べ物でも、猫にはダメな食べ物が多くあります。
今回は、暑い時期でも寒い時期でも甘くておいしいアイスを猫に与えても大丈夫なのか?
また、与える際に注意しなければいけないことなどをご紹介していきます。

人用のアイスを与えるのは避ける

アイスと一口に行ってもいろいろありますが、一般的に私たち人間が食べるアイスは
人間が食べる用に加工されているため基本的に猫に与えてはいけません。
と、言うものも人間用のアイスにはチョコレートやナッツをはじめとした猫にとって有害な食物が含まれている場合が多く
これを猫に与えてしますと中毒症状を起こしてしまいます。
チョコレートやナッツを含まないプレーンなミルクアイスでも猫は牛乳似含まれる乳糖を分解する酵素が少ないために
消化が十分に行えずに下痢をしてしまう場合があり、人間の食べるアイスは猫に食べさせるのは避けた方がいいと思います。

与えるなら猫用のアイスを

人間用のアイスがダメ。でも暑い夏に、暑さでつらそうにしている猫にせめて冷たいものをという気持ちが出てくる飼い主さんもいると思います。
その場合は、猫用のアイスが売られていますのでこちらを猫に食べさせてあげることをオススメします。
猫用のアイスは人用のアイスと違い、牛乳ではなくヤギのミルク等乳糖の少ないものが使用されています。

猫用のアイスを与える場合でも注意は必要

猫が口にしたものを人が食べない

猫用のアイスの中には人間が食べても大丈夫なものもあり、猫と一緒のものを食べることができて猫好きの飼い主としてはとてもうれしい商品となっています。
ですが、食べる際は猫と人間、同じアイスをシェアせずに猫は猫用の皿に取り分けて食べさせるようにしてください。
猫の口をつけたものを人間が食べると猫の口内常在菌により「パスツレア症」という人獣共通の感染症にかかってしまう恐れがあります。

猫によっては苦手な猫もいる

人間もそうですが、冷たい食べ物が苦手な猫もいます。
また、猫によっては冷たいアイスを食べたことにより嘔吐や下痢などの症状が一時的にですが現れる場合もあります。
これは、猫によって個体差があるため少しずつ与えて様子をみてあげてください。

まとめ

猫にアイスを与えることに関して言えばどちらかというとメリットは少ない思います。
猫用のアイスならおなかに優しく、暑い時に少しで涼しく感じられるようにと飼い主の愛情で猫に食べさえるのはありだと思いますが
猫によっては下痢、嘔吐の症状がでてしまう場合がありますので食べさせるときは食後の様子なども含めて注意してみてあげてください。

関連記事
あなたのペットが人気者に?!ペットとの写真のコツ10選!
ネットにアップしたペット写真でペットが人気者になった人がいます。もしかしたらあなたのペットも写真撮影の仕方を変えるだけで人気者になれるかもしれません。人気のペット写真の特徴を知って、あなたのペットの写真をより可愛くレベルアップしましょう。
猫の寿命は平均何歳?長生きする秘訣5選
猫の気になる平均寿命はどれくらいなのでしょうか。また猫を長生きさせたいと思ったときに、飼い主さんができることを紹介していきます。
トイレや爪とぎ、猫に覚えてほしいしつけ5選
猫のしつけって難しい?トイレや爪とぎで家を汚されたら困るけどどうやってしつけたらいいの?
猫を迎えるのに良い時期は春と秋!人気飼い猫ランキング5
猫を飼う前に人気の猫種類を知っておきたいあなたに人気の猫を5種類紹介いたします。どれも可愛い猫ちゃんで人気に納得です。
猫がなつかない飼い主さん必見!猫がなつく8つの方法
猫を飼い始めたけど全然なついてくれない...。それは猫との接し方に問題があるかもしれません。
猫が吐いてても大丈夫な場合と注意した方がいい場合の見分け方は?
うちの猫が急に吐いた!もしかしたら病気かも…。と心配になってしまいます。猫が吐く原因と吐いたものの色からわかる症状をご紹介。
これをしてきたら猫がデレてるサイン!猫が行う7パターンの愛情表現
そっけない、気まぐれというイメージの猫が好きな相手にたいして行うとっても可愛い愛情表現とは?
猫に秋の味覚の栗と柿は大丈夫?注意することは?
栗や柿を猫は食べることができます。ですが食べさせる時に必ず注意してもらいたいことがありますので詳しくご紹介していきますね。
心配しなくても大丈夫!猫は意外と簡単にトイレを覚える?
トイレ以外の場所でうんちやおしっこをして家のなかを汚されないため、猫にトイレを覚えてもらうのに重要なこととは?
猫にとっては危険!?絶対に与えちゃダメな食べ物8種
猫にとって命を落とす危険のある食べ物が家の中に普通にあります。危険な食べ物をご紹介いたします。