犬に秋の味覚の栗と柿を食べさせても大丈夫?

秋の味覚で有名な栗と柿。美味しいので贈り物としても喜ばれますよね。こんなに美味しいのだから愛犬にも食べさせたくなっちゃいますよね。でも犬は栗や柿を食べても大丈夫なのでしょうか?

犬に栗は大丈夫!便秘解消にも良い

実は栄養満点の栗は犬にとっての中毒物質が入っていないので食べても大丈夫なんです。また栗は食物繊維が豊富なので犬の便秘解消にも繋がります。ですが栗を与える時はあげすぎないように注意しましょう。だいたい中ぐらいの栗を一個くらいの量で犬には十分な量になります。

栗アレルギーがある

意外と知られていないのが栗アレルギーの存在です。ごく稀にですが、下痢や嘔吐、湿疹や目の充血に蕁麻疹、元気がなくなってしまうアレルギー持ちの犬がいます。ですのではじめて栗を愛犬に与える時にはごく少量からはじめてください。上記のアレルギー症状がでてしまった場合は、かかりつけの獣医に相談しましょう。

栗は細かく切り茹でて与えましょう

栗を愛犬に与える時には茹でて細かく刻んであげるようにしてください。栗を一個そのままあげてしまうと、丸呑みしてしまう犬が多く、気管につまりやすくなってしまいます。また栗を裏ごししてから与えてあげるのも良いでしょう。栗は砂糖と似た栗きんとんなどもありますが砂糖で調理したものを食べるとドックフードを食べなくなってしまうので与えないようにしましょう。

柿も犬には大丈夫!でも量に注意して

柿も犬には問題ありません。ですが柿は栄養があり、犬にとってはカロリーオーバーしがちな果物です。柿を与える時には少量をスライスして与えるようにしてください。また運動量が少ない犬に柿は肥満の原因になってしまうのであまり与えない方が良いでしょう。

柿を与える際は必ずスライスして

柿を与える時には必ずスライスしてください。ブロック状の柿を与えるのは厳禁です。なぜならブロック状の柿は喉につまりやすく呼吸困難をおこしてしまいます。柔らかい柿だからとそのまま与えず、必ず細かくスライスするようにしてあげてください。

柿も下痢と消化不良に注意

犬に柿をあげすぎてしまうと下痢や消化不良をひきおこしてしまいます。ですので柿をあげる時は柿一個を与えるのではなく、半分くらいで留めておきましょう。栄養が多い柿は犬は糖尿病や肥満にも繋がりますので、ごくたまに少量だけあげると良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。柿や栗を犬が食べれるのはちょっと驚きですよね。でも美味しい秋の味覚ですので、少量を愛犬に分け与えてあげたくなりますよね。

また分け与える時には飼い主さんとは必ず別のお皿に持ってから渡すようにしてください。同じお皿から分け与えてしまうとせっかく培った主従関係が壊れてしまう可能性があります。

飼い主さんとの関係を崩さないように、美味しい食べ物を上手に愛犬とわかちあうようにしましょう。また犬の体質的に食材が合わないなと感じたらすぐに食べさせるのを中断し獣医に相談してくださいね。

関連記事
猫に秋の味覚の栗と柿は大丈夫?注意することは?
栗や柿を猫は食べることができます。ですが食べさせる時に必ず注意してもらいたいことがありますので詳しくご紹介していきますね。
体臭と抜け毛が少なく掃除もしやすい!室内犬ランキング5
犬を飼うときに気になるのは犬の体臭と抜け毛ですよね。比較的体臭も抜け毛も少ないオススメの室内犬をご紹介いたします
猫がなつかない飼い主さん必見!猫がなつく8つの方法
猫を飼い始めたけど全然なついてくれない...。それは猫との接し方に問題があるかもしれません。
癌も口臭の原因!犬の口が臭いと感じたら口腔癌の可能性も
犬の口臭の原因にもなっている口腔癌。治療法や気を付けることは?愛犬がなってしまった場合に気を付けることは?
犬を家に一匹で置いておくのは心配!分離不安症ってなに?上手にお留守番してもらう方法は?
外出したいけど、犬を一匹でお留守番させるのは不安…でも連れていけない。愛犬をお留守番上手にする方法とは?
話題の犬の幼稚園!しつけもしてもらえるって本当?
話題の犬の幼稚園はどんなところ?値段は?しつけはしてもらえるのかなど、気になることをご紹介していきます。
猫を迎えるのに良い時期は春と秋!人気飼い猫ランキング5
猫を飼う前に人気の猫種類を知っておきたいあなたに人気の猫を5種類紹介いたします。どれも可愛い猫ちゃんで人気に納得です。
犬が下痢をした場合の家庭でできる対処法!症状で気をつけることは?
犬が下痢をしていて辛そうだと早く治してあげたくなりますよね。家庭でできる対処法はないのでしょうか?獣医にかかる目安は?
猫の鳴き声には意味がある?鳴き声に込められた猫からのサインとは?
猫の鳴き声には16種類のバリエーションがあるといいます。それぞれどういった意味があるのかをご紹介
あなたの愛犬は大丈夫?犬の運動不足によるリスクとは?
犬は運動が必要な動物です。運動不足になると肥満やストレス、様々な病気のリスクとなります。